日本の教育熱は高まることこそあれ、低下することはありません。      

教育にかかる費用は上昇傾向を続けています。     

誰もがわが子の幸せを願って塾に通わせています。     

一方で、塾の授業や学校の授業についていけない子どもたちがいます。      

また、学習意欲は高いがさまざな事情で、より高いレベルの学習を諦めざるを得ないこともあります。      

      

小学校を公教育のスタートとするならば、     

公教育内で一見平等に教育されているように見える子どもたちは、      

実はスタートの段階で大きな差がついてしまっているのです。      

      

そして、スタート時点で生じた差は逆転することは難しく、     

むしろ年齢とともにどんどん開いていきます。     

私たちはこの教育格差を埋めるために、      

子どもたちへの学習支援と子どもの教育に関わるすべての大人への支援をするための活動をしていきます。